菊芋で腸内環境を整える!便秘解消やアレルギー改善効果まで

菊芋には腸内環境を整える作用のあることがしられています。菊芋を食べる習慣をつけると、まずはお通じが正常になることを実感できます。さらに体内のデトックスもでき、体質改善を実感できるひともいます。がんこな便秘や、アトピーなどのアレルギー性疾患に悩むひとに、菊芋はぜひ試してほしい食品です。
%e3%81%8a%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%84%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e5%a5%b3%e6%80%a7

菊芋には豊富な食物繊維がふくまれています。そのなかに含まれるイヌリンという成分は、体内でフラクトオリゴ糖に分解されます。フラクトオリゴ糖は腸内にすむ善玉菌のエサです。菊芋を摂ることで、ビフィズス菌などの腸内の善玉菌を大きく増やすことが期待できます。

腸内で善玉菌が優勢になってくると、さまざまな健康効果を実感できるようになります。まずなにより先におなかの調子がよくなってきたと感じるひとが多いようです。便秘がちだったり、反対にすぐに下痢をしたりしていたひとでも、毎日健康な排便ができるようになります。結果的に体重まで減ってメタボ解消につながるケースもあります。

つぎに感じられるのはからだのデトックス作用です。定期的に健康な排便がおこるようになると、腸内にたまっていた老廃物が一掃されます。このおかげで、菊芋を摂るようになってから、アレルギー疾患がしだいに軽くなることがたしかにわかるひともいます。

アトピーのようなアレルギーのひとは、腸内環境がよくないことが多いのです。

腸内で悪玉菌が優勢になると、体内に毒素をためこみやすくなります。善玉菌不足のせいで便秘がちになると、腸のなかに老廃物が長時間とどまります。ここで問題になるのは、腸の壁に生えている柔毛は、栄養といっしょにこうした老廃物がだす毒素まで吸収してしまうことです。毒素は血液中にこうして取り込まれてからだ中に運ばれ、アレルギーなどのさまざまな疾患をひきおこすことになります。

腸内環境を整えると、便秘やアレルギー症を根本的に改善することも可能です。イヌリンが豊富に含まれる菊芋は、そうした効果を期待できる最高の自然食品のひとつです。薬の一時的な効果に頼りきることはお勧めできません。より安全で健康的に体質改善をめざすために、菊芋を毎日摂ってみてはどうでしょうか。