「しびれ」タグアーカイブ

手足のしびれの原因は高血糖?菊芋で糖尿病による神経障害を予防

糖尿病が進んでくると手足にしびれを感じることがあります。これは糖尿病性神経障害とよばれる疾病の症状のひとつです。高血糖がつづくことで、手足の先にある毛細血管が傷つくことが原因でおこる病気です。これを予防するには血糖値を低く抑えるしかありません。イヌリンを豊富にふくむ菊芋は、血糖値を安定させ、この神経障害を防ぐうえで理想的な食材です。
%e8%b6%b3%e3%81%8c%e5%86%b7%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

手足の先のしびは、その部分の抹消神経がなにかの作用で悪影響を受けていることを示しています。原因となるのは高血糖です。

糖尿病をわずらっているひとは血糖値のコントロールがうまくはたらきません。高血糖の状態が続くのが糖尿病です。ブドウ糖が過剰になる高血糖は、血管の壁を傷つけていきます。

さいしょにこうしたダメージを受けるほは毛細血管です。手足の先には毛細血管が多い場所です。毛細血管の破壊が進むため、手足の先の神経に血液が補給されにくくなります。さらに高血糖の影響で毒性のある物質が神経細胞内にたまりはじめ、抹消神経のはたらきはますます悪くなります。これらが高血糖によって手足にしびれがおこるメカニズムです。

手足のしびれのうしろには糖尿病が隠れていることがめずらしくありません。たかがしびれと放置せずに、早めに対策をとることが大切です。

もっとも手軽にできる高血糖対策のひとつとして菊芋があります。この食品にはイヌリンが含まれています。イヌリンが注目されるのは、血糖値を低く抑えるはたらきがあるからです。1番いいのは、予防のために早くから菊芋を摂ることでしょう。ですが高血糖がすでにひどくなりかけているひとでも、菊芋を積極的に食べることで症状が改善できることもあります。

手足のしびれを放置することは糖尿病をまちがいなく進行させます。気がついたらすぐに高血糖対策を考えましょう。菊芋を日々の生活のなかに早めに取り入れることは、糖尿病やその合併症である神経障害を予防することにつながります。