「インシュリン」タグアーカイブ

食材選びで悩まなくていい!菊芋で手軽に低インシュリンダイエット

効果的に脂肪を減らせる方法として、低インシュリンダイエットというものがあります。効果はたしかにあるものの、インシュリン値の低い食材を探して食べなければいけないのがこのダイエット法のむずかしいところでした。ところが菊芋を食べると、低インシュリンダイエットがいままでよりずっとかんたんにできます。
%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%81%ae%e9%a3%9f%e5%93%81%e6%a3%9a

脂肪の合成に深く関わるインシュリン値を低く抑え、ダイエットをしようとするのがこの減量方法です。インシュリンはおもに食事のあとに体内で分泌される成分です。血糖値が急激にあがる食事を摂ると、インシュリンも大量に分泌されます。反対にゆるやかに血糖値があがる場合は、インシュリンはわずかしか分泌されません。

インシュリン値が急激に上昇すると、血中にある糖が脂肪細胞へ運ばれてそこに貯蓄されやすくなります。逆に血糖値が低いと脂肪細胞の合成は促進されず、インシュリンはグルカゴンという成分を放出させます。グルカゴンには、体内の脂肪を分解させるはたらきがあります。かんたんにいえば、インシュリン値が高いと脂肪細胞が大きくなって太りやすくなり、低いと脂肪が減って痩せやすくなるということです。

菊芋は「天然のインシュリン」といわれるイヌリンを豊富に含む食材です。イヌリンには血糖値を低く安定させる作用があります。菊芋を食べると血糖値は低く安定し、体内でインシュリンの分泌が増えることはありません。

菊芋が低インシュリンダイエットに最適な食材だという理由は、イヌリンによるこうした作用がはたらくからです。菊芋を摂っていれば、脂肪合成はおきにくくなるばかりか、脂肪を減らすグルカゴン分泌のおこりやすい状態を比較的楽に作ることができます。普段の食事に菊芋をプラスするだけで、低インシュリンダイエットに近い効果を期待できるといっていいでしょう。

ふつうに低インシュリンダイエットをすると、すべての食材に気を使わなければいけません。食品成分表をながめて、血糖値を上昇させやすい食材を口にしないようにする努力がこのダイエット法には不可欠です。血糖値を上げやすい精白米や小麦は避け、玄米や全粒胚芽パンを主食にしなければいけなくなります。手間とストレスに耐えられるひとにしか、低インシュリンダイエットは向かないというのが現実でしょう。

食べるだけで血糖値を低く安定させる菊芋は、わずらわしさを感じることなく健康的にダイエットができる理想的な食材です。手間がかかるからとあきらめていたひとでも、菊芋を使って手軽に低インシュリンダイエットにチャレンジすることができます。