「糖尿病」タグアーカイブ

菊芋はの効能は糖尿病予防だけじゃない!疲労回復や老化防止にも効果あり

菊芋の効能の多さはおどろくべきものです。ふくまれる有効成分の種類が多いため、疲労回復や老化防止にも効果のあることがわかっています。これらは、この食品に含まれる多種類のビタミンとミネラルのはたらきです。ストレスの多い毎日を乗り切るために、糖尿病には縁がないというひとでも、菊芋を摂る価値はじゅうぶんにあります。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

菊芋でえられる効果のひとつに疲労回復作用があります。これは、菊芋に豊富にふくまれるビタミンB1の作用です。ビタミンB1は炭水化物の代謝をうながし、ブドウ糖からエネルギーに代える作用があります。ブドウ糖を積極的に脳神経に運ぶのもビタミンB1のはたらきです。

さらに菊芋には、ビタミンB3ともよばれるナイアシンも含まれています。ナイアシンにもまた脳神経を正常にたもつはたらきがあります。

菊芋を摂っていると、ビタミンB2とナイアシンの作用で、からだに活力があふれ、考えもすっきりとまとまる心身の健康が期待できます。

老化防止作用も、菊芋がもつすぐれたパワーのひとつです。この食品には、リン、カルシウム、マグネシウムがバランスよく含まれています。こうしたミネラル分は、歯と骨をじょうぶに保つうえで欠かせないものです。

加齢とともに男女ともに歯は弱ってきますし、女性のなかには骨粗しょう症という疾患で悩むひとが増えます。歯と骨の老化防止のために、菊芋はとても効果の期待できる食品です。中年期になるまえから菊芋を摂る習慣をつけるといいでしょう。

菊芋が老化防止に効果があるのは、ビタミンC含有量の高さのおかげでもあります。このビタミンは活性酸素の発生を抑える作用があるからです。

体内で発生する活性酸素は、血管や細胞を傷つけてからだを弱らせます。ビタミンCを補給しつづけていると、活性酸素を少なくし、からだを内側から若々しく保つことが期待できます。

さらにビタミンCは、肌の真皮層でコラーゲンを合成する手助けをする成分であることも忘れてはいけません。このビタミンを摂ることで、肌に弾力とハリを長く保つことができます。外見の老化防止のためにも、ビタミンCを豊富にふくむ菊芋は積極的に摂りたい食品です。

活力にあふれ、明晰な頭脳をもった生き生きした毎日をいつまでも送りたいというのは、すべての中高年の方の願いでしょう。からだがじょうぶなだけでなく、見た目も若々しくありたいと考えるひとも多いはずです。豊かで充実した人生を望む中高年世代にとって、菊芋は理想的な食品だといえます。

みんなと同じ食事がしたい!糖尿病療法食に悩むひとに菊芋がお勧めの理由

糖尿病の治療でつらいのは療法食を食べ続けなければいけないことです。しかし菊芋を食べる習慣をつけると、糖尿病対策の食事の負担を減らすこともできます。この食品を食事といっしょに摂ると血糖値の上昇がおだやかになるからです。療法食がつらいひと、家族と同じ食事がしたいひとは菊芋を積極的に摂りましょう。ふつうの食事に少しでも近づける可能性があります。

糖尿病を改善させるには食事療法は欠かせません。糖尿病は薬だけでコントロールできる疾病ではなく、基本となるのは日々の食生活管理だからです。つまり糖尿病のひと、糖尿病予備軍だと診断されたひとは、症状を悪化させないための食事療法をほぼ一生のあいだ続けることになります。
%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e9%a3%9f

糖尿病の食事療法ではおもに2つのことが重視されます。ひとつめは血糖値を急激に上昇させないこと、ふたつめは肥満を防ぐことです。

これらを目標に毎日のメニューを作るのはたいへんです。まずは野菜、きのこ、海草など食物繊維豊富な食材を食材の中心にしなければいけません。さらに肉をひかえ、魚と豆類からタンパク質を補給するようにします。炭水化物の制限も必要です。ご飯、麺類、パンなどは少量しか食べていはいけません。甘いお菓子や揚げ物も肥満防止のために厳禁です。

このわずらわしい療法食にたえられず、糖尿病を悪化させるひとはたくさんいます。とはいえ友人や同僚との会食で、自分だけおいしいものが食べられないのはたしかにつらいことでしょう。家族と同じ食事をしたいという悩みがでてくるのもとうぜんです。

療法食にしばられるつらさを軽減してくれる食品が菊芋です。菊芋の糖尿病への効果はおどろくべきものがあります。菊芋にふくまれるイヌリンという成分には、血糖値の急上昇を防ぎ低く安定させる作用があることがわかっています。

菊芋はカロリー制限にも効果的です。100グラムで35キロカロリーしかないので、おなかいっぱい食べても肥満につながる心配はありません。ポテトサラダの芋をこの食品に置き換えるだけで、カロリー制限と血糖値管理がかんたんにできます。

菊芋は糖尿病対策に悩むひとに希望を与えてくれるミラクルフードです。このショ気品取り入れることで、療法食ばかりを食べるあじけない食生活から開放されるかもしれません。みんなと同じ食事を少しでも取り戻すために、糖尿病のひとは菊芋を試してみるといいでしょう。

食生活の乱れがとまらない!菊芋でまずは血糖値をさげて糖尿病予防

糖尿病に代表される生活習慣病予防に、菊芋という食品の効果が高いことがわかっています。菊芋とはショウガに似た根菜です。この野菜に含まれるイヌリンという成分には、糖尿病をひきおこすさまざまな要因を取り除く作用があります。食事のバランスのよくないひとは、はやくから積極的に菊芋を食べることで将来の疾患を防ぐことも可能です。

1日3食、野菜、果物、豆類をバランスよく含む食事を摂ることが理想です。とはいえ多忙なひとにとって食生活の乱れを直すことはかんたんではありません。忙しさからコンビニ食ばかりで、パンや麺類、油ものなど糖質過剰の食生活を送っているひとも多いでしょう。こうしたかたよった食生活をつづけると、中高年になってから糖尿病にかかるリスクが高くなります。
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8b%e5%bc%81%e5%bd%93

菊芋の注目成分であるイヌリンには、血糖値をさげるはたらきがあります。イヌリン自体も糖質ですが、これはひとの体内では消化吸収できない成分です。菊芋を食べることで、ほかのイモ類を食べたときのように血糖値が上昇することはありません。とうぜん低カロリーなので、メタボに悩むひとにも菊芋は積極的に摂ってほしい食品です。

さらにイヌリンには、血中にある糖質の吸収を阻害する作用もあります。菊芋をほかの食品といっしょに摂ることで、血糖値が急にあがることを防ぐ作用も期待できます。

菊芋を食事に取り入れることで血糖値を低く安定させることが可能です。この効果のために、菊芋は天然のインスリンと呼ばれることもあります。

インスリンのはたらきは、血糖値があがったときにそれを下げて安定させることです。しかし食生活が乱れっぱなしのひとやメタボのひとは、血糖値をさげるインスリンがうまくはたらかなくなっています。肥満のひとが高血糖から糖尿病になりやすいのは、インスリンのこの分泌異常のためです。糖尿病のおそれのあるひとが菊芋を摂ると、イヌリンの作用が不足するインスリンを補ってくれます。

食生活を見直すことは糖尿病予防の第1歩であることはまちがいありません。とはいえなかなかうまくできないというひとは、まずは菊芋を食事に取り入れてはどうでしょうか。天然成分のはたらきで、からだにやさしい糖尿病予防が期待できます。