「血糖値」タグアーカイブ

かすみ目を改善!菊芋で血糖値をさげて大切な目を守る

血糖値の高い状態が長期間続くと、かすみ目がおこることがあります。高血糖が原因のかすみ目は放置することは危険です。しだいにひどくなり、失明する可能性もあります。菊芋にはかすみ目に効果のあることがしられています。はやめに菊芋を摂りはじめることで、かすみ目改善や失明予防が期待できます。
%e7%9b%ae%e3%81%ae%e5%a5%a5%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84%e5%a5%b3%e6%80%a7

かすみ目がおこる原因はいくつかあります。そのなかでもおそろしいのは糖尿病網膜症によるかすみ目です。長期間の高血糖の結果、網膜のなかの毛細血管が傷ついたことでおこる症状のひとつがかすみ目です。この場合はただの眼精疲労ではないので、放置してはいけません。症状が重くなると投薬などの治療も必要となります。

糖尿病網膜症の進行をおさえるためには、高血糖値をふせぐことがなにより大切です。血液中で過剰になったブドウ糖は血管を傷つけるからです。血糖値の影響をもっともうけやすいのが細く弱い毛細血管です。網膜のなかには毛細血管が網の目のようにはりめぐらされています。かすみ目がしばしばおこるのは、糖尿病網膜症のはじまり。目の毛細血管がすでにもろくなりはじめている兆候かもしれません。

ふだんの食事内容に気を配り、適度な運動を続けることで血糖値を低く安定させることができます。じゅうぶんな生活管理をするのがむずかしいひと、もっと積極的に血糖値を安定させたいひとには、菊芋を食事に取り入れることもお勧めです。

菊芋に含まれる有効成分イヌリンには、血糖値の急な上昇を防ぐ作用があります。イヌリンが体内にはいると、インシュリンの分泌量が抑えられるので血糖値は低く安定します。食事後に血糖値はあがりやすくなるので、できれば1日数回に分けて、食事のたびに菊芋を少しずつ摂るとさらに効果が期待できます。

薬にたよらずに、糖尿病網膜症によるかすみ目を改善させたいひとにこの食材は最適です。ふだんから血糖値の高いことがわかっていれば、かすみ目がおこるまえに菊芋を摂りはじめるといいでしょう。網膜の損傷を早くから防ぐことができます。すでにかすみ目がおこりはじめている場合でも、菊芋で症状改善が期待できます。

食生活の乱れがとまらない!菊芋でまずは血糖値をさげて糖尿病予防

糖尿病に代表される生活習慣病予防に、菊芋という食品の効果が高いことがわかっています。菊芋とはショウガに似た根菜です。この野菜に含まれるイヌリンという成分には、糖尿病をひきおこすさまざまな要因を取り除く作用があります。食事のバランスのよくないひとは、はやくから積極的に菊芋を食べることで将来の疾患を防ぐことも可能です。

1日3食、野菜、果物、豆類をバランスよく含む食事を摂ることが理想です。とはいえ多忙なひとにとって食生活の乱れを直すことはかんたんではありません。忙しさからコンビニ食ばかりで、パンや麺類、油ものなど糖質過剰の食生活を送っているひとも多いでしょう。こうしたかたよった食生活をつづけると、中高年になってから糖尿病にかかるリスクが高くなります。
%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%8b%e5%bc%81%e5%bd%93

菊芋の注目成分であるイヌリンには、血糖値をさげるはたらきがあります。イヌリン自体も糖質ですが、これはひとの体内では消化吸収できない成分です。菊芋を食べることで、ほかのイモ類を食べたときのように血糖値が上昇することはありません。とうぜん低カロリーなので、メタボに悩むひとにも菊芋は積極的に摂ってほしい食品です。

さらにイヌリンには、血中にある糖質の吸収を阻害する作用もあります。菊芋をほかの食品といっしょに摂ることで、血糖値が急にあがることを防ぐ作用も期待できます。

菊芋を食事に取り入れることで血糖値を低く安定させることが可能です。この効果のために、菊芋は天然のインスリンと呼ばれることもあります。

インスリンのはたらきは、血糖値があがったときにそれを下げて安定させることです。しかし食生活が乱れっぱなしのひとやメタボのひとは、血糖値をさげるインスリンがうまくはたらかなくなっています。肥満のひとが高血糖から糖尿病になりやすいのは、インスリンのこの分泌異常のためです。糖尿病のおそれのあるひとが菊芋を摂ると、イヌリンの作用が不足するインスリンを補ってくれます。

食生活を見直すことは糖尿病予防の第1歩であることはまちがいありません。とはいえなかなかうまくできないというひとは、まずは菊芋を食事に取り入れてはどうでしょうか。天然成分のはたらきで、からだにやさしい糖尿病予防が期待できます。