「食事」タグアーカイブ

みんなと同じ食事がしたい!糖尿病療法食に悩むひとに菊芋がお勧めの理由

糖尿病の治療でつらいのは療法食を食べ続けなければいけないことです。しかし菊芋を食べる習慣をつけると、糖尿病対策の食事の負担を減らすこともできます。この食品を食事といっしょに摂ると血糖値の上昇がおだやかになるからです。療法食がつらいひと、家族と同じ食事がしたいひとは菊芋を積極的に摂りましょう。ふつうの食事に少しでも近づける可能性があります。

糖尿病を改善させるには食事療法は欠かせません。糖尿病は薬だけでコントロールできる疾病ではなく、基本となるのは日々の食生活管理だからです。つまり糖尿病のひと、糖尿病予備軍だと診断されたひとは、症状を悪化させないための食事療法をほぼ一生のあいだ続けることになります。
%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e9%a3%9f

糖尿病の食事療法ではおもに2つのことが重視されます。ひとつめは血糖値を急激に上昇させないこと、ふたつめは肥満を防ぐことです。

これらを目標に毎日のメニューを作るのはたいへんです。まずは野菜、きのこ、海草など食物繊維豊富な食材を食材の中心にしなければいけません。さらに肉をひかえ、魚と豆類からタンパク質を補給するようにします。炭水化物の制限も必要です。ご飯、麺類、パンなどは少量しか食べていはいけません。甘いお菓子や揚げ物も肥満防止のために厳禁です。

このわずらわしい療法食にたえられず、糖尿病を悪化させるひとはたくさんいます。とはいえ友人や同僚との会食で、自分だけおいしいものが食べられないのはたしかにつらいことでしょう。家族と同じ食事をしたいという悩みがでてくるのもとうぜんです。

療法食にしばられるつらさを軽減してくれる食品が菊芋です。菊芋の糖尿病への効果はおどろくべきものがあります。菊芋にふくまれるイヌリンという成分には、血糖値の急上昇を防ぎ低く安定させる作用があることがわかっています。

菊芋はカロリー制限にも効果的です。100グラムで35キロカロリーしかないので、おなかいっぱい食べても肥満につながる心配はありません。ポテトサラダの芋をこの食品に置き換えるだけで、カロリー制限と血糖値管理がかんたんにできます。

菊芋は糖尿病対策に悩むひとに希望を与えてくれるミラクルフードです。このショ気品取り入れることで、療法食ばかりを食べるあじけない食生活から開放されるかもしれません。みんなと同じ食事を少しでも取り戻すために、糖尿病のひとは菊芋を試してみるといいでしょう。